阪神番外編

阪神ドラフト3位の及川雅貴は怪我ではなくイップス?およよとは?

阪神ドラフト3位の及川雅貴は怪我ではなくイップス?およよとは?
オーヤン
オーヤン

こんにちは!

オーヤンです!

2019年のドラフトは5位まで甲子園で活躍した高校生ばかりで夢のある素敵なドラフトでしたね。

将来有望な選手ばかりでこれからの成長が楽しみで仕方ありません。

その中でも今回はドラフト3位の及川雅貴投手ついていろいろ調べていきたいと思います!

及川雅貴投手のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

及川雅貴(@oyogram.0418)がシェアした投稿 –

  1. 本名 及川雅貴 およかわまさき
  2. 出身地 千葉県匝瑳市
  3. 生年月日 2001年4月18日(19歳)
  4. 身長・体重 183cm 74kg
  5. プロ入り 2019年 ドラフト3位
  6. 年俸 600万円 (2020年)

怪我ではなくイップスだった?

横浜高校時代は1年の春からベンチ入りし2年の秋にはエースと呼ばれるくらいまでなりました。

甲子園も3回経験し奥川、佐々木、西投手とともに高校BIG4と言われるぐらい成長しました。

しかし、制球難に苦しめられ地方大会でもおもうような結果を残せずエースも剥奪されることもありました。

このとき怪我と言われていましたが、実はイップスではなかったのかと言われています。

動画を見る限りあきらかにおかしいですよね。

真相はわかりませんが、克服できたんでしょうかね?

現在の及川雅貴投手の投球動画

阪神ドラフト3位の左腕・及川雅貴投手(19)が実戦デビューを果たし、最速150キロを出した。投球結果は1回1安打無失点だった。  

同期のドラフト1位西純の後を受け、9回にマウンドへ。躍動感あるフォームから柳町に投げ込んだ初球は、いきなり147キロを計測。

続けて内角に146キロ直球を投げ込み、遊ゴロに打ち取った。

続く4番リチャードの初球は148キロの直球。

リチャードは手が出ず、悔しさに顔をゆがめた。

そして3球目がボール球ながら150キロを計測。

最後は2ボール2ストライクから、鋭く曲がる133キロスライダーで空振り三振に仕留めた。

釜元に中前打を許し盗塁を決められるも、九鬼を146キロ直球で遊ゴロに仕留めて無失点。デビュー戦ながら堂々とした投球を見せた。

めちゃくちゃいい感じでしたね!

これはひょっとして一軍大抜擢もあるかもしれないですね。

いやー将来が楽しみな投手ですね。

現在はそこまでコントロールが悪いようにみえないですね。

投手王国である阪神で制球難も改善さたんでしょうかね。

ネットの反応は?

口コミ
口コミ
ここから這い上がって、日本を代表するピッチャーになれ!!
オーヤン
オーヤン
いずれなるでしょう!
口コミ
口コミ
このポテンシャルの子が高卒ってヤバいな… 焦らずゆっくり一軍を目指してほしい。
オーヤン
オーヤン
これで高卒ですからね!
口コミ
口コミ
ポテンシャルをすごく感じる あとは、プロの身体を作るだけだね
オーヤン
オーヤン
すごいポテンシャルですね!

 

口コミ
口コミ

スライダーの曲がり方が岩瀬っぽい。

真っすぐのキレも一級品。ワクワクが止まらない。

オーヤン
オーヤン
早く一軍でみたいですね!

およよって?

及川雅貴投手で検索するとおよよと言うワードがでてくるので気になって調べてみました。

これは単純に及川投手の高校時代からの愛称で入団会見でおよよと呼んでほしいと発言したのがきっかけみたいです。

最後に

高校BIG4と言わてるだけあり非常にポテンシャルが高くいい投手ですね。

ストレート、スライダーが素晴らしい!

早く一軍で投げるところがみたいですね。

オーヤン
オーヤン
怪我に気を付けて頑張ってもらいたいです!