鳥谷敬

鳥谷敬が移籍できて元ロッテ西岡剛が復帰できない理由は?現在の画像!

鳥谷敬が移籍できて元ロッテ西岡剛が復帰できない理由は?現在の画像!
オーヤン
オーヤン

こんにちは!

オーヤンです!

鳥谷敬選手がロッテに移籍してからだいぶん経ちましたね。

ロッテが鳥谷敬選手を獲得調査に乗り出してるを話題になったとき、西岡剛選手は獲得しないのかと話題にもなりましたからね。

西岡剛選手といえば長年ロッテにに貢献してきた偉大なスター選手でしたからね。

だから西岡剛選手を獲得に動くものと思ってましたから、ちょっとビックリしました。

しかし、なぜロッテは西岡剛選手より鳥谷敬選手を選んだんでしょうか?

その当たり気になりますね。

西岡剛選手のプロフィール

西岡剛 1984.07.27 (35歳)
大阪大東市出身
プロ入り 2002年 ドラフト1巡目

オーヤン
オーヤン
経歴は?

大阪桐蔭高等学校
千葉ロッテ (2003 – 2010)
ツインズ (2011 – 2012)
阪神タイガース (2013 – 2018)
栃木ゴールデンブレーブス (2019 – )

西岡剛選手の成績は?

オーヤン
オーヤン
NPBでの通算成績は?

1125試合 14年間

打率.288 安打1191 61本 383打点 出塁率357 三振607

オーヤン
オーヤン
メジャーの通算成績は?

71試合 2年間

打率.215 安打50 0本 20打点 出塁率267 三振44

オーヤン
オーヤン
独立リーグの成績は?

26試合 2019年前半

打率.370 安打34 本塁打6本 26打点 三振15

59試合 2019年後半

打率.339 安打63 本塁打7本 41打点 三振29

今現在の西岡選手の画像

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsuyoshi Nishioka1(@tsuyoshinishioka_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsuyoshi Nishioka1(@tsuyoshinishioka_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsuyoshi Nishioka1(@tsuyoshinishioka_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsuyoshi Nishioka1(@tsuyoshinishioka_official)がシェアした投稿

他の鳥谷敬の関連記事

⇒千葉ロッテ入団の鳥谷敬の今後は?年俸・背番号は?レギュラー確約なし

⇒阪神を自由契約の鳥谷敬がロッテに移籍!ユニフォーム姿!現在の状況?

⇒鳥谷敬の成績で永久欠番?イケメン過ぎるおしゃれな私服画像!愛車は?

⇒2019年阪神タイガース鳥谷敬の引退試合はいつ!?今年の成績は?

ロッテが鳥谷敬を選んで西岡剛を選ばなかった理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

M(@nashiko1432)がシェアした投稿

鳥谷は同じショートを守り、走攻守3拍子揃ったロッテの井口資仁監督を慕い、早大在学中から(井口監督が現役時代に所属していた)ダイエーのキャンプに参加。

プロに入ってからも毎年、沖縄でともに自主トレをし食事にも頻繁に行っていました。井口監督も『若手の見本になる』と、ナイトゲームでも午前中から球場入りし練習を重ねる鳥谷の姿勢を評価。獲得に前向きだったんです。

ただ、鳥谷の代理人が出場試合数や一軍で常に起用するなど複数の条件を提示。交渉が難航したため鳥谷サイドが軟化し、移籍が決まったそうです」(スポーツ紙記者) 鳥谷の移籍を、複雑な心境で受け止めている選手がいる。

同じくロッテや阪神でプレーし、現在は独立リーグ「栃木ゴールデンブレーブス」に所属する西岡剛(35)だ。

鳥谷のロッテ入団が発表された直後、自身のインスタグラムに「なぜか他人の事なのに凄く嬉しい」と記したが胸中は穏やかでないという。

「’18年に阪神から戦力外通告を受けた西岡は、独立リーグでプロ復帰を目指しています。

今春の古巣ロッテのキャンプには、裏方スタッフとして朝一番に球場入りし、ボール磨きやグラウンド整備をしていました。

当初、球団は首位打者も獲得したOBの参加に難色を示したそうですが、本人は『なんでもやります』と頭を下げたそうです。

元メジャーリーガーでもある西岡がプライドを捨て、『オレを拾ってくれ』とアピールしたんですよ。しかし西岡の熱意は、ロッテには伝わらなかった。

同じ内野手の鳥谷を獲得したことで、西岡の古巣復帰の可能性はほぼゼロになりました」(球団関係者) なぜロッテは鳥谷を獲り、西岡獲得には動かなったのだろうか。確かに西岡の打率順位は独立リーグでも10位と、全盛期からの衰えは否めない。ただ技術以上に影響したのが、西岡の野球に対する姿勢だという。

「イチローが、西岡の野球に対する姿勢を手厳しく指摘したことがあります。’06年に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)直後のことです。

この大会で西岡は日本代表初ホームランを放つなど活躍したのですが、以後『世界を驚かせた』など慢心したような発言が目立つようになりました。

女性のいる店にも、頻繁に出入りするようになった。

イチローはこうした態度が不満で、『代表メンバーに向かない』と苦言を呈したそうです。

また翌年には、西岡の目立ちたがり屋の性格から記者たちの不評をかった“事件”が起きました。『重大発表があります』と事前に話し、(ロッテの本拠地、千葉県)幕張に報道陣を集めたんです。

『メジャー移籍か』と大騒ぎになりましたが、フタを開けてみれば登録名を『TSUYOSHI』に変更するということだけ。

記者たちは『そんなことでイチイチ会見なんか開くなよ』と、怒り心頭でした」 ‘17年5月に顔面への死球で鼻骨骨折しながら、翌日にはフェースガードを装着して出場した寡黙な鳥谷。

一方、母校・大阪桐蔭高の後輩を集め「TEAM TSUYOSHI」を結成するなどパフォーマンスに長けた西岡。

ロッテ、阪神で活躍した名選手の明暗は、開幕を前にハッキリ分かれた。

最後に

ロッテが西岡剛選手より鳥谷敬選手を選んだ時点で西岡剛選手が古巣に復帰する可能性はほぼゼロになったと思います。

逆に鳥谷選手は将来的には現役引退後もロッテの指導者として残りそうですね。

意外に西岡剛選手が阪神復帰とかしたら面白いかもしれません。笑

オーヤン
オーヤン
ないでしょーけど!